総務作業の1日

先日、ブログで紹介させて頂いた、4月28日(月)の上海無料講演会ですが、告知2週間で300名様のお申込みを頂きました。
有難うございます。
スケジュールを変更し、午前・午後の2回に分けて、お申し込みを受けさせて頂いておりますが、午後の部(14:30~)は、満席にて受付を終了させて頂きました。
午前の部(10:00~)は、若干お席があります。
一両日中には、席が無くなると思いますので、ご興味ある方は是非(お急ぎ下さい)。

話変わって。
今日は朝一番でイミグレに行き、ID関係の手続。
それが終わると、ATMカード再発行の手続をするために銀行に行く。
ところが、列が遅々として進まず、会食に間に合わなくなりそうなので、午前中の手続は断念。
クライアントの方との会食場所(パシフィックプレース)に移動する。
ビジネスランチセットを頼むと、寿司+ビーフステーキ+ご飯+味噌汁+サラダ+デザートと盛りだくさん。
寿司とご飯を食べたので、どんぶり一杯分の米は食べた事になろうか。
昨日は、ダイエットのため、スープ、豆腐、雑炊程度しか食べておらず(おかげで約1Kg体重が落ちていた)、会食開始時には極度の空腹だったので、食事量をコントロールする余裕なく、デザート以外は完食した。
豪華な昼食で満足した。
今日の夜は、豆腐2丁だ。

会食後は、銀行に戻り、待つこと45分。
やっと順番が回ってきたら、「カードの交換は、受付で申請フォームを書くのですよ」と言われ、「ここで手続できないんですか(もう45分並んでるぞ)!?」と思い詰めた顔をして言ったら、その場で手続をしてくれ、申請書も代わりに書いてくれた。
親切な人だ&言ってみるものだ。

銀行手続が終わるとオフィスに。
サインをいくつかして、家に戻り、インターネットのトラブル対応。
引っ越し手続はしたものの、いざ、引っ越し先で使おうとすると使えない。
既に、2回電話をかけ、英語(1回)、北京語(1回)で、やいのやいのと言ったものの、らちが明かない。
外国語でのコミュニケーションに限界を感じ、丸紅香港時代の同僚(香港人)に助けを求め、家まで来てもらった。


元同僚は、「こういった事は、香港人でも一苦労なんだよね」といいつつ、1時間、電話で交渉したり、住居の管理人に掛け合ったりしてくれた。
結果的には、原因が分からないので、明日技術者を派遣する、という事で方が付いたが、この様な簡単な結末にたどり着くまで1時間の議論、交渉が必要だった。
彼がいなかったら(英語、北京語での会話であったら)、もっと大変だったろう。
現在、香港オフィスには香港人がいないのだが(全員、永久居民証を持った日本人)、特に、総務事項に関しては、香港人の必要性を感じた一件であった。

そんな事をしていると、既に16時。
これから、やっとクライアントの方の質問に対応できる。
総務作業に追われた1日であった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です