ベトナム到着。タクシードライバーに驚かされる

ベトナム到着。
到着は1時間遅れ。昨年秋口より3回目の訪問だが、毎回1~2時間遅れるので、1時間遅れが定刻と考えてよいのであろう。
空港からタクシーに乗る。
よく話す運転手で、拙い英語で必死に、「バイクが多い」、「今日は休み」等、絶えず話しかけてくる(努力は有りがたいが、英語になっていないので、何を言っているのかはほとんどわからない)。
ところが、いきなり道路の真ん中に車を停めると、何も言わずに車から飛び出し、脱兎のごとく走り去る。
「何事だ!」と驚いていると、遠方で立小便をしていた。
後ろではクラクションの嵐・・・
「肝心な事は何も言わない・・・」と、僕と同行の杉山君は茫然自失の状況ながら、なす術なし。
まさにカオスな状況。

運転手がいなくなったタクシー
運転手がいなくなったタクシー

ホテルに付くと、ホテルの近くで食事。
基本的に食事中・酒の席では仕事の話をしないのが僕のポリシーだが、業務報告を簡単に済ませる事にしたので、最初の15分程度は仕事の話。
仕事の進め方に関して、「まずできると信じなければ、何事も始まらない(出来ると信じる事から全てが始まる)」、「失敗や苦境の中に、必ず成功の道が有る」という持論を、先輩からのアドヴァイスという事で、5分程話した。
この話(この二つのポイントは何を言いたいかという点)は、また後日。

翌日(今日)は、午後に歩いてオフィスまで。
ともかく暑い。夏物のスーツを着てきたが、10分外にいると結構きつい。

オフィスまでの路上
オフィスまでの路上

会社設立申請書類は無事受理され、ただいま許可審査中。
今年の夏にベトナムの会社法が改正になり、資本金の一括払込が義務付けられる模様。この点、審査にどの様な影響を与えるかは不祥。
ビザ制限(ノービザの場合、30日間再入国不可)が開始されるなど、ベトナムも規制が強化されてきた様だ。

仮オフィスの看板
仮オフィスの看板

因みに、まだ会社が設立されていないので、オフィスも出資者であるMCH名義で仮オフィス(ノミナルなスペース)を押さえてある。 7月頃設立認可が下りた段階で、それなりの部屋を借りる予定。 ただ、仮事務所でも、ベトナムの地に自社のプレートが掲げられていると、ちょっとASEAN進出の現実味を感じるのは確か。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です