日本経済新聞の連載

日本経済新聞の連載コラムは本日掲載。改革開放路線転換約40年の中国の変化を、僕自身の体験を踏まえて書いてみました。
人間の意識というのは、往々にして時代の変化に付いていけなくなりがちです。
中国の最近数十年の変化はすさまじい。日本の報道では、中国の経済成長率(伸び率)の減速にスポットが当てられがちですが、2010年に名目DGPの順位(日本と中国)が逆転して以降、既に、中国のGDPは日本の2.4倍に拡大しています。
企業の将来戦略を設定するにあたり、中国とビジネスをしないという選択は、遠からぬ将来、米国とビジネスをしないという選択と同じ重みをもつようになり得る。
従来型のビジネスに固執する事は、30年前のイメージで中国を眺める事になり得ない。
そんな内容を解説しています。
ご興味のある方はこちらから(ビジネスの流儀)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です