過去9年を振り返ってみると

会社経営は山あり谷ありで、経営者は気が休まらないとよく言うけれど、確かにそれは本当だと実感する。
過去9年を振り返ってみると、一番大きな出来事は、21年半勤めた丸紅退職と独立起業である事は言うまでもない。そして、2011年の大震災も経営に影響は有ったし、2012年の反日騒動の時は大変だった。そして、2015年のベトナム開業も、軌道に乗せるまでははらはらした。

ただ、2008年に、顧問契約が一旦0になった事で、以前のクライアント様に改めて挨拶させて頂く機会ができ、僕を支えてくれている皆様の気持を受け止め、改めて感謝する事ができた。2012年の反日騒動の際しても、それをきっかけに、1~2か月に1回のクライアント様向け講習会を開催する様になり、サービスの充実を図れた事で、クライアント様の満足度を高める事ができ、解約率も下がった。
ベトナム開業も、最初は、みるみる資金が無くなっていくので、不安で仕方がなかったが、克服してみると、新しい引き出しを持てるようになった。
塞翁が馬という事か。やはり、苦難が有るので、それを改善する努力をし、それが、組織の成長に繋がっている。
ただ、この程度の規模の会社であっても、経営者は楽ではない。

別件になるが、僕の最初の本(2002年に出版した「中国ビジネス投資Q&A」)の日本での書店流通に協力してくれたキョーハンブックスが、親会社の地図共販と共に、半年ほど前に倒産したのは残念だった。
僕自身の都合としては、一時は、日本の書店に僕の本が流れなくなるのではないかと心配したが、過去の実績を考慮してくれ、紀伊国屋書店、八重洲ブックショップなど、幾つかの書店が、子会社であるチェイスチャイナより直接取り扱いをしてくれる事になった(あとは、Amazonなどのネット販売)。
という状況も有り、従来に比べて、僕の本が購入できる日本の書店が限られるので恐縮ですが(日販、トーハンなどの大手取次会社からしか書籍を仕入れない書店が多いため)、ご容赦の上、上記書店でのご購入、若しくは、子会社であるチェイスチャイナに御連絡下さい。
チェイスチャイナでの書籍ご購入はこちらからとなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です