ウィチャットペイのセキュリティは結構厳しい

先日、パスポートを変更したので、銀行口座の登録を変更したら、暫くして、銀行口座に連動させているウィチャットペイが使用できなくなった。
アリペイは依然として使用できているが、ウィチャットペイが使えないと、友人との金銭精算がはなはだしく不便だ。
やはり、この圧倒的な便利さに慣れると、無しの生活は考えられなくなる。

最初は、ウィチャットペイの実名認証時のパスポート番号と、銀行登録のパスポート番号が一致しなくなったのではと推測して、所定コーナーから新旧パスポートの写真を送って手続する。
1時間後には、変更手続き完了の連絡が来るが、依然として使用できない。
登録名と銀行口座の名称不一致という理由が表示されるので思い起こせば、ここ数年で、外国人の銀行口座登録は、アルファベットしか受理されなくなったと言われ、口座名を、漢字からアルファベットに変更したのであった。
ただ、ウィチャットペイの登録名は、自分では変更できないので、再度、所定コーナーから名称変更申請(アルファベット名に変更)を出して、(週末をはさんだので)3日で手続完了の連絡が来るも、依然として名称不一致と出る。
頭を抱えて、銀行での登記変更書類を見てみると、姓 MIZUNO 名 MASUMIと登録しているが、口座名はMASUMI MIZUNOになっているのを発見。ウィチャットペイに、名・姓の順にしてもらうべく再申請。すぐにOKが出るも、登録名が直っておらず、数日後に再申請して、やっと登録名が修正できた。ただ、銀行口座連動手続完了のためには、2ファクタ認証が必要だ。
これは、日本から中国に帰任するまでお預け。
という事で、散々苦労したのであった。セキュリティが厳しいのは良い事だが。
ウィチャットは、かなりクイックレスポンスで対応してくれるのだが、システム経由の対応になるので(不明点は電話で問い合わせ可能)、部下のサポート無しでは、手続完了できなかっただろう。

便利さにはすぐ慣れてしまい、無しではいられなくなる。しかし、トラブった時は大変だ。
これまた、昔読んだ、星新一のショートショートを思い出したのであった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です