上海での講演会で最近の情勢を語る

2019年12月11日は、地銀連合(TUBASAアライアンス)主催の講演会。
僕一人が、休憩などを含めて2.5時間話すことになったので、中国の日系企業の状況、香港の今後、決算時に慌てないための点検ポイントなどを解説した。場所は、国貿ビル。このビルでの講演も随分回数が増えてきた。


講演が終わると紋兵衛で懇親会。乾杯の発声を頼まれていたので、40分ほど滞在して歓談。その後、19時から接待が有るので、静安寺に移動。スペインレストラン、バーと回って、ホテルに着いたのは23時半。これで本来は終わる筈だったが、その日の朝に、「どうしても今日中に人生相談をしてほしい」と丸紅時代の後輩から頼まれたので、かなり疲れていたのだが、1時半まで話を聞く。なかなか過酷な1日であった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です