上海虹橋駅から福州に

2019年12月8日(日)の高速鉄道で、上海虹橋駅から福州駅へ移動。虹橋駅へは朝10時の到着。いつ来てもでかい駅だ。

1985年(34年前)の上海駅がこんな感じであったのだが、とても同じ国の駅とは思えない変わりよう。

いま感じるのは、圧倒的な豊かさだ。この発展は、30年前を知るものとしては、素直にすごいと思う。

昼食は、すき家の牛丼を食べる。日本で牛丼屋に行く事はまずないが(食事は、ある程度時間をかけたい方なので)、虹橋駅に来ると、かなり高い確率で、すき家の牛丼を食べている気がする。

席が商務席(ビジネスクラス)なので、かなりゆったりしており、完全に横になって眠れる。服務員のサービスも良い。

上海から福州までは、こんな感じで300Km/hで飛ばして5時間なので、それなりに体力が消耗する(飛行機よりは良いが)。商務席は、ちょっとした贅沢だが、5時間乗って1,100元(1.7万円)程度は悪くない。物価は、既に、中国の方が日本より高いものも多いが、交通費が安いのは有難い(というか、日本が高すぎか?)。

そんなこんなで、午後5時過ぎに福州駅に到着。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です