昔ながらのチャーシュー麺を食べる

11月は2回日本出張が入ったが、月末の出張は4泊。
夜に羽田空港に到着すると、新宿のホテルに直行。翌朝8時のあずさ号(狩人の歌では、8時ちょうどは2号だが、今や5号だ。便数が増えているのか)に乗って松本に着くと、この日は、伊那⇒諏訪と面談しながら移動。翌日は3件面談のを終えると東京に戻り、クライアント様と宴席。その次の日は、東京で活動と、まさにバタバタの青息吐息。
ただ、出発前日は土曜日なので、NNAの連載原稿だけ書き上げれば、のんびりできる。こういう日は大切だ。

原稿を書き上げる前に、1.2万歩ほど散歩して、実家付近のラーメン屋で昼食。この店は、高校時代から店の存在は知っていたが、入るのは初めて。ともあれ、40年も続いているのだから美味かろう、という判断で入ったが、昔懐かしいチャーシュー麺を食べる事ができた。今度は、ここでビールを飲みながら食事がしたい。
忙中閑あり。まさに、そんな1日だった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です