上海日常

当たり前の上海の日常写真。
これは、行きつけのレストランの猫。というより、僕が行くときは、事前に言うと、家で飼っている猫を連れてきてくれることがある。面白い猫で、徹底的な怠け者(のんびり屋)で可愛い。1日貸してあげようかと言ってくれるのだが、猫を飼った経験がないので、少々不安があり、いまだに実現せず。

これは普通の焼き肉屋。昨年宴会で使ったときに気に入ったが、再訪の機会がなく、二人で会食した折に久々に使ってみた。値付けも比較的良心的で良い。ただ、日本語は不可。あと、日本酒、焼酎はあるが、ワインはなし。これがちょっと残念な部分か。


これは、行きつけの日本料理屋が、兄弟店として作ったイタリアン(和風イタリアンという感じか)。4人でワインを二本開けて、料理も結構食べて(写真に写っていないものがたくさんある)、1500元程度だったので、かなり良心的。店のスペースが狭いのが少々苦しい。流行れば大きな店に移転するのだろうな。

そして、先週末、午前中眼科に行った後、流行っていない日本料理店(居酒屋)のランチに飛び込みで入った。これで60元。弁当のデリバリーではよく使っていたが、入るのは初めて。さほど流行っていない店で、期待せずに入ったのが、感想は普通。ただ、60元というと安く感じるが、日本円換算すると1,200円。決して安いわけではない。

昼食後、歩いて会社に行く途中に牛肉麺店があるのを思い出した。「ここにした方がよかったか」と考える(本当は、ラーメンが食べたかった。

そんなこんなの日常。上海もすっかり秋の気配だ。秋は一番好きな季節。少々幸せを感じる。中秋節も平和に過ぎた。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。