起業2ヶ月半を振り返って

起業2ヶ月半が経過した。
この2ヶ月で心は、強い不安⇒期待⇒確信と、激しく動いたものだった。

いける!という確信めいた気持を持ったのは2週間ほど前(起業2ヶ月くらい経ったとき)。
それまでは、いつも不安を抱えて走っていた。

だから、確信をつかむまでは、怖くてお金が使えなかった。
移動も、タクシーには乗らず、いつも電車・地下鉄で移動した。
香港空港までの移動も、「エアポートエクスプレスはHK$100するから、半額のリムジンバスに乗ろうか」とか考えた。
昼食に、天丼(HK$40)が食べたいけど、半額で済ませるためおにぎり2個で終わらせた事がある。
上海で泊まるホテルは、200元台のビジネスホテルにした。

社会人になってからの20数年で、こんな事を考えたのは初めてだ。
それまでは、「香港はタクシーが安いや」と言って、すぐタクシーに乗る癖が付いていたし、HK$40の弁当を高いと思った事はなかった。

収入ゼロから始まる不安であった。

気にせず食事ができる様になったのが2週間ほど前。
走り続けで疲れた体をいたわって(あと時間の節約で)、必要時にはタクシーに乗る様になったのが1週間ほど前。


収入が増え、確信が生まれて、本当にほっとしている。
2ヶ月ちょっとで落ち着いて本当によかった。
目まぐるしく精神が変化した2ヶ月。

好きな事が自由に出来ているし、夢があったので、辛いとは全く思わなかったし、意志とプライドを持ち続けて頑張ったけど、起業直後の状況が長く続くと精神的に辛かったろう。

ともあれ、2ヶ月ちょっとで自信ができた。
お客さまも増えた。
仕事の依頼も、ありがたい事に前よりたくさん頂く。

香港、上海に拠点を作り、更に、広州、深セン、日本と拡大する準備も進んでいる。

自主企画の講演会も実施するし、まだ作っている最中だけど、HPも出来てきた。

2ヶ月の全力疾走でここまでできた。
部下を迎え入れる準備(収入の確保)も出来ている。

1年後にどうなっているか、夢と期待を持って、まだまだ走ろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です