外灘あたりの風情

懐かしい浦江飯店

(またもやブログ更新が滞り、実は14日の出来事です・・・)

仕事の打合せで外灘に。
仕事で外灘に来る機会はめったにないので、たまの機会にはぶらつきたいのだが、面談がぎっしりつまっており、それもままならず。
打合せの海鴎飯店の付近を5分ほどぶらついてみる。

すぐ目に付くのは、浦江飯店。
僕が1985年に初めて上海に旅行で来た時、地球の歩き方を片手に歩き回るバックパッカーの定宿となっていたホテル。

当時の地球の歩き方に洗脳されたバックパッカーは、予約無しで到着して、ドミトリーに固執するので、なかなかホテルが見つからず、みんな血相変えてホテル探しをしていた。
それも、小型の台風の中。
どこかの西洋人が、「ピジョンホテル!」と叫んでいたので、どこかと思えば浦江飯店だった事がある。
ちょっと違うぞ。と突っ込みたかったが、血相かえた西洋人はすでに走り去っていってしまった思い出が。


橋から浦東を眺める

しかし、ダブルやトリプルだったら、難なくとれるものを、当時の地球の歩き方(読者投稿で構成されていた)が、ドミトリーに泊まるやつは偉い。
良い部屋に泊まるのは腰ぬけ、的な記述をしていたので、みんな安部屋に固執して、大変な事になっていた。
僕も、知らないうちに影響されて、とんでもない旅行になってしまった。
3週間のホテル代、食費、移動費(電車代)等の総計が6万円。
その内、2~3万円が、最後の贅沢に乗った、北京⇒広州の軟臥代だったので。

7KG痩せて帰ったのもうなづける。
罪作りな本だった。

いまの地球の歩き方は、全然違う本になってしまっているけど。
当時の地球の歩き方、久々に読みたいものだ。
残念ながら捨ててしまって、残っておらず。

虹橋への移動の前に、浦江飯店近くの橋から浦東を望む。
あの時にはなかった新しい上海の象徴。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です