日本で会食(美味いが高い)

(酒蒸しではなく)ワイン蒸しを選んだ。写真写りはいまいちだが、実物はもっとおいしそうだ。

一昨日の事。
成田到着後、横浜で会食。
ここ数年、何故か寿司、刺身にはまったく興味がかった(食べたい気がわかない)が、その日は、ともあれ、おいしい刺身が食べたかった。
飛び込みの日本料理屋に。
鯛の刺身、アサリのワイン蒸し(酒蒸しと選択可能)、地鶏の岩塩焼き、エビのすり身の春巻きなどを食べ、日本酒を飲む。
刺身の鮮度がよく満足する。
〆はとろろ月見そば。
ただ、日本で食事をすると、美味いが高い。
為替が下がっても、まだ割高感がある。
美味しいので仕方がないが。

上海、香港の生活の方が長いので、その物価水準に慣れてしまったからであろう。

因みに、上海では3日連続90分のマッサージをしたので、体がちょっと軽くなった。
マッサージは上海でやり溜める感じである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です