働き過ぎも考えもの

昨日(土曜日)は、完全に燃料切れで疲れ果てて終日寝ていた。
しばらく前に、ここ半年、あまりにハードなスケジュールを続けたので、ちょっとペースダウンしようと思ったが、結局、そのまま飛ばし続けたのが体にきた。
疲労がたまるとメンタルが弱くなるので、要注意だ。
時期を見て休息を取ろう。

そんな時に、佐藤正午の「身の上話」を読んだらナーバスな気持ちに拍車がかかってしまった。
佐藤正午は、僕が24歳の時に、「恋を数えて」を読んで気に入って以来、主だった本は全部読んでいる。
何事もない日常を素材にして、女心の機微を心に深く刻み込むような作風が好きなのだが、この作品は、ちょっと懲りすぎ?という感じも。
次は明るい本を読んで、気分転換しよう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です