ハードスケジュールの反動で

年中、高い緊張感を維持して飛ばし続ける事はできないので、年に何回か、メンタルの谷間ができてしまうのは、やむを得ない事だと観念している。
いまが丁度その時で、ともあれ文章を書くのが辛い。
通常業務や連載原稿(NNAx4/月、時事通信x2/月、三井住友銀行、コンシェルジュ)は、当然支障がない様にこなすのだが、ブログの様にノルマが無いものは、更新が滞りがちになる。
経験上、しばらくペースダウンすると、有るタイミングでスウィッチが入るので、このタイミングを待っているところ。

因みに、最近、毎日悪夢とまでは言えないが、あまり楽しくない夢を見る。
喉が詰まったり、コインを飲み込んだりする夢が多いのは、講演会続きで喉が付かれているからだろう。
それ以外に、その日あった出来事が、微妙に結末を変えて出てくる。
それも悪い方に結果が変わる上に、夢を見ている時、意識が半分醒めているので始末が悪い。
つまるところは、精神が疲れているのであろうと思う。

こんな状況であるが、4月のスケジュールは抑え目にしてあるので(飛行機搭乗6回。講演会は上海で無料講演会1回のみ)、これで回復を図る事にしよう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です