ヴィラサントリーニに宿泊

(10月31日の出来事です)
時間を戻して、四国の休暇旅行の更新を続けます。
前から高知に行きたかったので、今回の旅行を決めた訳だけど、宿泊先を一休や楽天トラベルで調べていて、偶然、ヴィラサントリーニという宿泊施設を発見して興味をひかれた。
ここは、ギリシャのサントリーニ島の建造物を模して造ったホテルという事で、人里離れたところにあり静か。先日の福岡のザルイガンズホテルに泊まった時も同様ながら、ここに宿泊すれば、安眠でき、ストレスが取れるのではないかと考えたもの。

ところが本当に不便な場所にあり、送迎もないので、自家用車がないと行きにくい。最寄りの駅から車で30分程度という事ながら、最寄りの駅でタクシーが拾えるかどうかもわからない。
悩んだ挙句、香川在住の友人(大学時代の同級生)に状況を聞いてみたところ、「日程さえ調整できれば俺が付き合ってやろう」と言ってくれ、今回の旅行に繋がったもの。まさに、瓢箪から駒という感じ。

ヴィラサントリーニの入り口
ヴィラサントリーニの入り口
サントリーニのフロント
サントリーニのフロント

さて、ヴィラサントリーニはこんな感じ。
全部で14室と非常に小さな施設。
建物の構造からわかる通り、基本的には男女のペアで泊まるのが普通で、男同士というのは、年に1組あるかどうか、という事である。どうも、傍目に奇異に映る状況で訪問してしまったようだがやむを得ない。

部屋
部屋
部屋
部屋

しかし、静かなホテルである。周りに食事場所は無いので、ホテルのレストランで洋食を食べる。夜8時頃には食べ終わり、隣の国民宿舎の温泉が使用できるというのでここに浸かり、9時前には部屋に戻る。部屋で宴会を開く予定で、ウィスキーやつまみを大量に購入してきたのだが、ベッドに横になった瞬間に意識をなくし、翌日目が覚めたのは朝9時過ぎ。12時間寝てしまった。

日頃不眠で悩んでいる僕が、これだけ深く寝たのは数年ぶりの事だろう。少なくとも、いつだったか記憶にない。連れには申し訳なかったが、ストレス解消には大いに役立った。人里離れたホテル、ストレス解消になかなかよい。

部屋の前
部屋の前
部屋とフロントをつなぐ階段
部屋とフロントをつなぐ階段

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です