上海で部屋を借りる

上海では、半年間ホテル暮らしをしていたが、毎回、重いスーツケースを持ち運ぶ生活に限界を感じ、部屋を借りる事にした。

オフィス付近。ちょっと広めのワンルームで家賃が13,000元。
円安の昨今、日本円にすると25万円程度。上海の不動産価格賃貸価格の高さに頭を抱える。
更に、香港でもほぼ同じ価格の部屋を借りているので、毎月の家賃負担がばかにならない。辛いなあ、というのが本音。

ただ、立地もよいし、自分の部屋だとくつろぐ。今まで上海で住んだ部屋の中では一番良い部屋でもあるので、居心地もよい。体に負担をかけ続けの生活なので、こんな感じの贅沢は許してほしいと、心の中で部下に言い訳をする。

リビング
リビング
寝室
寝室

あと、住居、オフィスの近くにアピタが出来た。
これはうれしい。昨日は、早速、1日3回アピタに出かけ買い出しをする。上海滞在時は、しばらくアピタに通う事になりそうだ。香港で太古城に住んでいた時の生活を思い出す。ちなみに、昨日は昼、夜共にアピタのお惣菜。

アピタ

話変わって、これは香港の住居の前の景色。香港の住居近くのイオンで買い物をした帰りに撮ったもの。
香港に戻った初日は、イオンに直行し、豆腐、油揚げ、日本の卵、ネギ、という生活必需品(僕基準)を購入するのが習慣になっている。
日系スーパーが近所にある生活は嬉しい。

香港の家の前の夜景。
香港の家の前の夜景。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です