鉄板ナポリタン

(11月4日の出来事です)

11月3日に日本から香港に戻り、5日は深圳で2件面談と講演会。
そんな慌ただしいスケジュールの合間に、香港の「世界の山ちゃん」で気軽な宴会を開いた。
(全然関係ないが、世界の山ちゃんが、香港だと山ちゃんの世界⇒山哥的世界になっているのが面白い)

僕は名古屋生まれの横浜育ち。
小学校2年生で横浜に引越し、本籍地も移してしまったので、名古屋には幼馴染の友人もいないし、地理も分からない。
親戚がいるだけ。

そのため、比較すると、どうしても横浜の方に愛着がわいてしまうのだが、両親ともに名古屋の人間なので、味覚は名古屋の影響を多分に受けている。
よって、世界の山ちゃんに行くと、懐かしい気分になる。
そんなメニューの一つが鉄板ナポリタンで、思わず頼んでしまった。

こういった料理は子供の頃に母親が作ってくれた味がイメージに刻み込まれており、美味しさの基準もちょっと変わってくる。
先日、ザ・ルイガンズホテルで頼んだ大人のナポリタンよりは僕のイメージに近かったがまだ違う。
もっと具が少なく(殆ど具が入っておらず)、鉄板で一部の麺がかりかりの状態になっている様なものが、昨今無性に食べたい。
思い出の味、というのは、こういう事であろうか。

鉄板ナポリタン
鉄板ナポリタン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です