ベトナムから上海。日本酒に癒される

10日(火)の11時半発便でホーチミンを出発。
僕は香港経由で上海。杉山君は香港経由で日本。
僕は飛行機の中にいるのが既に日常生活と化しているので、さほどの苦痛は感じないが、杉山君は3日間で4回の飛行機搭乗にうんざりしきっていた。
もしかして、飛行機に乗る事ではなく、僕と一緒にいる事にうんざりしていたのかもしれないが。

杉山君
うんざりする杉山君

香港で杉山君と別れ(杉山君は乗継便の搭乗が迫っているので直行)、僕はラウンジに。
仕事のストレスが極度に達しており、叫びたいほど(叫ばないが)。
観念して、ラウンジで酒を飲むことに。

ラウンジでサンミゲル
ラウンジでサンミゲル

香港のキャセイラウンジは5ヶ所あるのだが、各々、特徴を出している。
このラウンジは初めて使ったが、カジュアルさが売りの様で、ピザやメキシコ料理が並んでいる。
飛行機で熟睡する事を決めて、サンミゲルを2缶。

ウォッカトニック
ウォッカトニック

バーカウンターに移動してウォッカトニック。
ストレスのあまり、ビール5缶飲んでやろうか!と意気込んだが、そうそう飲めるはずはなく、ビール2缶に、ウォッカトニックは三分の一程度飲んだだけ。それでも機内では1.5時間熟睡できた。

上海到着は夜8時半。30度のホーチミンから3度の上海に到着だ。
紋兵衛に直行して日本酒と板わさ。

上海に到着して。日本酒と板わさ。
上海に到着して。日本酒と板わさ。

飛行機内にいる時から、ともかくこれが欲しかった。
ベトナムも良い場所にはなってきているが、美味い日本酒はハードルが高い。
ともかく、自分は美味い日本酒が無いと生きていけない人間になっているのがよく分かった。
海外生活の長い僕だが、味覚は超がつくほど日本人だ。
ともあれ、日本酒に板わさ、鴨葱で一息ついて、ASEAN展開への闘志がやっと湧いてきた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です