深圳で講演。そして和魂漢才で会食

(ブログが止まっていた間の出来事です)

7月29日は深圳商工会・広州ジェトロ共催の講演会であった。
講演者は僕だけで、講演と質疑応答を入れて約2時間。最新の税関動向を話してほしいとの依頼を受け、そのままお受けした。
会場は、南山区のケンピンスキーホテル。ここで講演するのは初めてだ。
2時間前に到着したので、ホテルのカフェでレジュメの読み込み。
カフェカフェ2
会場はこちら。豪華な会場。写真撮影は開演前の聴講者の方々が集まり切っていない状況で、最終的には約100名の定員がほぼ満席。
深圳商工会セミナー

良い感じで講演を終えると(僕自身、話していて楽しかったし、反応も良かった)、水野深圳の斎藤総経理と合流して会食。彼が、少々厄介な仕事をこなしてくれたので、そのお礼の意味。
場所は和魂漢才(酒菜屋)。以前から、僕は酒菜屋が好きで、深圳出張時にはよく行ったが、斉藤氏が酒菜屋のオーナーに可愛がって頂いている(勝手に慕っているだけかどうかは不明)事から、彼にアレンジを頼むと、ほぼ100%酒菜屋になる。ただ、この和魂漢才は初めて。店もきれいで良い感じであった。
和魂漢才
ビールまぐろ漬けたこ
ビールが美味しい。この味が中国で飲めるのは嬉しい。
あとは、鰹の漬け。傷みが早い魚を、こんな感じに、中国で美味しく食べられたというのは、これまた嬉しい。

そんな感じで、楽しく飲んでいたのだが、ここしばらくのオーバーワークで1.5時間ほどで頭痛がしてきたため、無念ながら一人で香港に。
21時には帰宅。23時には就寝。

因みに、これは夜の羅湖口岸。
15年前に、こんな感じでのんびり写真を撮っていたひには、すぐさまひったくりや暴漢に襲い掛かられそうな場所であったが、今ではすっかり平和だ(少なくとも、写真を撮っていても、特段危険を感じない)。
羅湖2

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です