上海での講演会無事終了

昨日、上海でのセミナーが無事終了した。
僕は2時間弱(110分)で、親子間(日本、中国現地法人間)の税務・外貨管理・資金管理の問題に付いて解説。
収容人員限界の200名様にお集まりいただき、熱心に聴講頂けました事、この場を借りて御礼申し上げます。また、キャンセル待ちで受講頂けなかった方には、お詫びとして講演会のレジュメ送付と、ご希望により30分無料面談対応をさせて頂きます。
上海講演1上海講演2上海講演3

年間70~80回の講演会を続けているが(昨年は自社主催50回、他機関の主催25回)、安定して多数の方にご聴講頂いている。
講演会の回数を増やしたのは2012年の事で、それ以前は、自社主催講演会は殆ど実施しておらず、他機関に依頼された時のみの講演であった。
定期的な自社主催講演会を開始した時、「こんなに頻繁にやると飽きられてしまうのでは」という危惧が有ったが、杞憂に終わり集客は回を追う毎に増している。また、毎回ご聴講頂ける方も相当数いらっしゃる。これは大変うれしい事だ。
毎月平均6回以上の講演会をすると、体力的にも辛い(移動と長時間立ちっぱなし)し、それ以上にレジュメの作成が大変だ。それでも、1回、1回聴講して頂ける方に満足を提供する事で、基盤とネットワークが確実に構築されていく。
それが実感できるのは嬉しい。
その意味では、毎回が勝負。聴講者の方にご満足頂けるかの真剣勝負だ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です