広州から廈門へ

先週は、香港⇒広州⇒廈門⇒上海と移動。
広州到着日は来々軒に。夜のラーメン屋の雰囲気はなかなかわびさびが有って良い。ネギチャーシューが美味しかった。
来々軒カウンター来々軒餃子来々軒チャーシュー
その次は廈門。僕は年間80回程度飛行機に乗るのだが(それ自体、身体に負担がかかるが)、殆どが国際線なのでまだましだ。中国国内線はディレイが多いので、国内移動が多いとハードシップが格段に高くなる。
この時は久しぶりの中国国内便なので、ディレイを心配しつつも、巨大な広州新白雲空港で迷う事を心配して早めに出発。宿泊したホテル(市長大廈)から空港までは徒歩と地下鉄で40分弱。地下鉄で空港の地下に直接到着できる。便利になったものだ。
幸い殆ど迷うことなく、また、飛行機も1.5時間程度の遅れで到着した。先週前半の広州は、ひどい雨と風の悪天候だったので、この程度の遅れで済んだのは、かなりラッキーと言えるであろう(因みに、廈門から上海はオンタイム)。
広州から廈門は1時間ちょっとの飛行。到着すると2.5時間程度の打ち合わせをして炉端焼きの店に連れて行って頂く。廈門は、台湾の影響が強い都市なので、美味しい日本料理が無かったが、随分変わってきたものだと驚く。
廈門炉端カウンター炉端焼き2炉端3厦門炉端料理
何度も書いたが、台湾と福建省が20代の時に生まれてはじめて暮らした外国だけに、台湾・廈門に着くと自然とホッとする。記憶というのは、こういう事か。
仕事も順調に進み、意気揚々と上海に移動。

「広州から廈門へ」への2件のフィードバック

  1. お疲れ様です。
    大学時代に1年間、厦門大学へ語学留学しておりました。
    もうかれこれ20数年前ですが… それ以来訪れていませんが
    変化を感じるため、時間を作って訪問したいと思います。
    厦門周辺の、漳州や泉州も変わっているようですし。 厦門からは
    欧州へ高速鉄道輸送を行う構想もあると聞きました。 そこは仕事的にも興味があるところです。

    1. 厦門大学ですか。よいですね。出張者が来た時は、必ず観光にお連れしたものです。久しぶりの廈門は、(雨で街中の人も少なかった事も有り)落ち着いた雰囲気で良かったです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です