外貨管理マニュアルの反響

先日ブログで紹介した「中国外貨管理マニュアルQ&A(2016年改訂版)」は、Amazonでの販売を開始したため(書店販売はもう少しだけお待ち下さい)、昨日、メルマガ登録頂いている方にお知らせを打たせて頂いた。昨日だけでもお申し込みが殺到、というとちょっと大げさかもしれないが、かなりの反響を頂き、現在、発行元のチェイス(子会社)の社員が嬉しい悲鳴を上げているところ。誠にありがとうございます。
%e5%a4%96%e8%b2%a8%e7%ae%a1%e7%90%86%e3%83%9e%e3%83%8b%e3%83%a5%e3%82%a2%e3%83%ab%ef%bc%91
反響に気をよくして(気分が盛り上がってきたので)、やっかいな部分で中断していた「中国増値税の制度と実務」の改定作業を昨日より再開。かなりはかどり、年内の出版目途がほぼ立った(おそらく12月初旬)。良い事は連鎖する。

この外貨管理マニュアルは原版が2012年、第一次改訂版が2013年に出ているが、出版元が改定に乗り気でないため、その後の法律変更をカバーできずにいた。改定のご要望を多数いただいていたため、期限である今月に出版契約を打ち切って、自社での出版を決断した。その経緯も有り、この反響は個人的には「しめしめ」といったところ。子会社に編集・製本機能を持たせ、図書コードを取り、日本・香港・中国の図書流通に流せる仕組みを作っておいたのが役に立った。ある程度心配症な方が先の備えができるということか。

尚、蛇足ながら、原作のデータなどが出版サイトに残っている場合がありますので、2016年改訂版と指定してご購入下さい。出版元は株式会社チェイスチャイナです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です