広州講演会の後のドイツビール

風呂敷を広げないという話の続きだが・・・
長い目で見ると、信頼関係というのは、当たり前の責任を果たす事の積み重ねだと思う。実力が無いほど口数が多く、自信が無いほど発言は威勢良いのが人の常だ。ただ、自分の発言に責任が持てなければ、人の信頼はとてもつかめない。
自分も若い時ほど口数が多かったような気もする。若い頃はそれもある程度許されようが、40才を越えたらそれはだめ。語り過ぎず、ただ行動で示す。そうして信頼を積み重ねられるよう努力していきたい。まあ、不言実行は難しい。有言実行を心がけよう。
%e3%82%a2%e3%82%a4%e3%82%b9%e3%83%90%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%93%e3%83%bc%e3%83%ab8%e5%91%a8%e5%b9%b4%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%82%bd%e3%82%af%e5%a4%aa%e7%94%b0%e5%b0%8f%e5%87%ba
話変わって、9月6日の広州講演会の後は、元部下(丸紅広州の会計部)の小出さん、元ウェネバー広東編集長の太田さんと会食。小出さんは広州商工会の事務局でいまだに仕事の交流が有る。結婚退職してからかなりの期間連絡が途絶えていたが、また一緒に仕事をするようになるというのは奇遇である。世の中は狭く、広州の日本人社会はもっと狭い。太田さんは、仕事の関係は全くないのだが飲み仲間という位置づけか。
頻繁に会う訳ではなく、年に1~2回という感じだが、小出さんは16年、太田さんは12年の付き合いなので、昔話と雑談で時間が過ぎる。そして、全員一人1リットルのビールを飲んだ。

太古匯のドイツ料理だが、 中国本土にしては美味しい生ビールが飲めたので満足だ。
小出さんが、8周年記念という事で、8ローソクを持ってきてくれたので、ソーセージをローソクに見立てて。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です