香港の自宅に引き込もる週末

11月18日(金)に上海から香港に移動。精神的に疲れ切る。メンタルの波は有るもので、酒を飲みたいのをこらえて「中国ビジネス投資Q&A」の改定作業に没頭。精神的な疲れの内容によるのだが、経営のストレス=組織維持のために稼がねばならぬプレッシャーであるため、仕事に没頭した方が気がまぎれる場合が多い。先週末はまさにそう。
中国ビジネス投資Q&Aは、2002年4月に出版した僕のデビュー作で、それから4回改定したが(2003、2004、2006、2009年)、今回は、中国の法制度・投資環境の変化の激しさを痛感する。今回は想定15万字(2009年版の1.5倍)、上場、パートナーシップ、インターネット、ゲーム、名義借り出資、越境Eコマースなどの新しい素材を織り込んでのほぼ全文書き直し。自分の15年の集大成という作品になるだろうなと思いながら、朝から晩まで没頭。
%e3%83%8a%e3%83%9d%e3%83%aa%e3%82%bf%e3%83%b3%ef%bc%93
食事は自炊。土曜日の昼には鉄板ナポリタンを作ってみた。名古屋飯に特別なこだわりはないが、山本屋の味噌煮込みと鉄板ナポリタンは別。ナポリタンは鉄板で麺がパリッとするのが良い。
日曜日の夜は気分転換で、日本で買った「或る夜の出来事」を見る(クローデットコルベール・クラークゲーブル)。小学6年の時に、この映画と巴里祭(アナベラ)を見てすっかり気に入ってしまい、古い時代の映画の本・資料を買いあさったり、後に、岩波ホールに一人で観に行ったりした。今から思えばませた子供だった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です