書籍の思い出

2002年4月に出した「中国ビジネス投資Q&A(初版)」の思い出。この本は、そもそも200万円かけて、自費出版したもの。
(昨日ブログに書いた)この本が売れたのは想定外だったというのは本当で、出版した時は、購入して頂ける方がいるとは思いもしなかった。では、何故200万円も出して出版したかというと、人生の記念に本を書いてみたかったのと、当時は、まだ山一證券の倒産の記憶が生々しく(大企業でもなくなる可能性が有るという事実を突きつけられた恐怖)、万一の際に、他人に説明しやすい自分の武器を身に着ける必要があると考えていたため。
そんな形で出した本が、思いもよらず香港で売れ(2002年の香港旭屋書店ランクで年間売上1位)、その後、日本の書店にも並ぶようになった。そして、各所で連載が決まり、半年後にはTV出演。今思い出しても、半生で一番賑やかな8ヶ月であった。

そのおかげで、コンサルティングビジネスが軌道に乗った。
ただ、あまりに順調に立ち上がった事が、逆に、自分を追いつめた面も有る。当時39歳の若造が、急に社内でも注目されるようになったので、自分もプレッシャーでメンタルがきつかったし、軋轢も生じた。
色々な経緯が有って、最初の本の出版から6年で会社を辞めて独立する事になった訳だ。
では、本を出したことは良かったかどうかと言えば、確実に良かったことだろう。自分が好きな事を職業にできるようになった。そして、仲間たちと一緒に前を向いて進んでいける。
そんな感じで、人生を変える事となった1冊。
まだ、思い出に浸っている時ではないが、懐かしい15年前の思い出であるのは確か。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です