お祝いのためのシャンパンを買う

毎年8月31日と9月1日はドンペリロゼを飲むという恒例行事が有るので、香港空港到着後、空港内でシャンパンを購入。本当は、ドンペリロゼ2本とブブクリコを1本買う予定であったが、店員さんが、「何でもいいから6本買うと20%割引になるよ!」と言われ、急きょ、モエシャンドン2本と赤ワインを買い足した。元々、3本の価格がHK$5,500だったが、同じ価格でシャンパン2本と赤ワインが1本付いてきた形になったので、これは幸先が良いぞとほくそ笑む。

なぜ、この様な行事が自分の中で恒例化したかというと、元もと、丸紅退職の日に、同僚が上海のシャンパンバー(今はなきCI5)で、ブブクリコをご馳走してくれたのがきっかけ。

この時は、不安と恐怖でいっぱいだったので、こんな感じで、かなりうつろな表情をしている。これでも、精一杯、爽やかに笑ったつもりだったのだが、まったくそうなっていない。

それが、一周年には、会社の存続に対して、確信が持てるようになったので、同じ場所で、ワンランク上のドンペリでお祝いしたというのが、恒例行事のきっかけ。

これが3年目。価格を高い方にシフトさせていった関係で、ドンペリロゼになり、それが、退職記念日と開業記念日の両日飲むようになった。
空港の免税店で買っても、1本HK$2,500(約4万円)するので、お祝いの酒代だけで8万円というのは、かなり痛い出費だが、安いシャンパンで済ませた年に、反日騒ぎなどが起こり、経営で苦労したので、完全にゲン担ぎになり、毎年、歯を食いしばって飲んでいる(美味しいのだが、価格に歯を食いしばる)。
ただ、1年1年の自分の足跡を噛みしめ、経営課題の克服を確認する日ともなっているので、初心を忘れぬ様、過去を振り返りながらシャンパンを楽しんでいる。さて、明日明後日も、そうしよう。

因みに、これは6年目に、日本事務所の皆とお祝いした時の写真。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です