福州滞在・白塔観光

午後1時に廈門発の電車に乗り込み福州へ。約2時間。駅も電車も綺麗になっているので、移動のストレスが全くない。これまた時代は変わるという気分。

福州駅からはタクシーで。福州駅を利用するのが7~8年ぶりなので、タクシー乗り場がどこで、更に、タクシーがちゃんと捕まるのか、という点が不安であったが、全く問題なかった。整然とした駅前。タクシーも順調に捕まった。駅から10分ちょっとで、宿泊のシャングリラホテルに。

その日の予定は、会食だけなので、廈門とは一転して気楽だ。

会食後、シャングリラホテル付近の白塔に歩いてゆく。ホテル宿泊の度に気になっていたが、行くのは初めて。時間が遅いので門が閉まっていたが、同行者の方が門番の方に、「この人は日本人だ。これを見るために日本から来たんだよ」と、如何にも見え透いた(?)交渉を展開してくれたところ、「まあ、入れ入れ」と無料で入れてくれた。という事で、殆ど人がいない、お寺の構内で幻想的な風景を楽しめた。

僕が住んでいた頃(1989年)とは全く比較にならないのは当たり前だが、福州が、どんどん住みやすい場所になっていく。そして、まだ住んでいる人が、のんびりしていて優しい人が多い。古き良き時代の雰囲気を残しているな、という印象。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です