かつての先輩後輩と会食

日本到着は1月28日。翌日29日は横浜銀行主催のベトナムセミナー。30日は企業研究会主催の外貨管理セミナー。
企業研究会主催セミナーは、4時間の講演の後に、1時間質問に対応していたので、5時間立ちっぱなし、話しっぱなしであったが、全員熱心な聴講者の方々で楽しかった。また、4か月ほど前からの筋トレ効果が出て、4~5時間立って話しても、足がつらなくなったし、質問対応を終わっても、体力的には、まだまだ余裕が有った。やはり、体力は重要だ。

講演が終わると、丸紅経理部の先輩後輩と会食。
先輩1名と後輩2名。後輩がもう部長になっている訳なので、時の流れは速いものだ。
しかし、全員、特に酒豪で鳴らしていたわけではないのに(飲むのは嫌いじゃない、という程度の位置づけ)、みんなよく飲む。2年後輩は、僕が生ビール三分の一しか飲んでいない時に、すでに2杯目を頼んでいた。最近の若手はそうではないようだが、少なくとも、僕くらいの年代までは、商社の人間は、所属部に拘わらず良く飲む。会社を辞めて、はじめて分かったことだ。昔はこれが普通だと思っていた。
ともあれ、遠慮する関係ではないので、3時間ほど好き勝手なことを話して解散。良いストレス解消になった。
10年前であれば、これでは終わらなかったところだが、全員「眠いから帰る」というのは、年齢を感じたが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です