ベトナム到着・春夏冬で冷やしたぬき蕎麦

3日間のベトナム出張。
昨年は毎月出張していたが、一応、運営も落ち着いたため、半年に1回のペースに落ちた。という事で、久々の訪問。

ホーチミンは、年間通して30度の気温だが、先日の日本の暑さを経験しているので、妙に過ごしやすく感じる。たまに風も吹くし、日本の夏(少なくとも、先日の滞在)よりよほど快適だ、と考える事しきり。

2日目の昼は、春夏冬の冷やしタヌキ蕎麦。ランチメニューと書いてあったが、特に何も付いておらず、これだけ。通常より、少し値段が安いのか?確認していないので分からず。
ここは、店もきれいで、サービスも良い。なかなか良い店だが、値付けは高い。これ1杯で、28万ドン(1,400円程度)。茶碗蒸しを付けると、ほぼ2,000円になった。
上海だと、もっと安い価格で、もっと美味しいそばが食べられるが、この店は、ホーチミンにあるのに価値があり、たまに行きたくなる。尚、冷やしタヌキなので、天かすだけかと思っていたら、豚肉がのっていた。かも南蛮や天ぷらそばと、殆ど値段が同じなのは、それが理由か。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です