花火鑑賞

長良川の鵜飼い・花火大会にて。
食事が終わると花火が始まる。優雅なひと時。

風情を楽しみ、その夜は岐阜に一泊。そして、翌日に、名古屋駅経由、新幹線で東京に。
名古屋駅に到着すると、酒が飲める立ち食いきしめん屋、というのを確認する。
これは、花火鑑賞の折に、名古屋駅東海道線ホームにある立ち食いきしめん屋は、酒が飲めて人気がある(入場券を買って、わざわざここで飲む客もいる)という話題が出たので、興味を惹かれたもの。遠目には普通の立ち食いきしめん屋にしか見えず、かすかに、「おでん」という文字が酒の存在を匂わせる程度。

中を覗き込んでみると、色々なつまみが有り、昼から満席の客が、ビールや日本酒を飲んでいる。これは特別な空間だ。さすがに、前日、激しく飲み食いしたので、入る気は起きなかったが、興味深く観察させて頂いた。
大学の時、品川構内の立ち食いソバ屋(その時は、港南口がさびれており、その付近の店だったと、うっすら記憶)で、おじさんがイカ天とチューハイを頼んで飲んでるのを見て、慣れてるなあ、と感心し、思わず自分も飲みたくなった記憶がある(合気道場に行く途中なので、飲むわけにはいかなかったが)。
名古屋駅のは、その時の店よりもっと本格的だが、ホーム飲みというのは、不思議な風情があるものだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です