香港から上海へ

10月20日に上海に移動。24日に定例のビジネス講習会があるため、そのための移動でもある。ラウンジで、ワンタン麺を食べる。香港のキャセイラウンジのヌードルバーは、担々麺が有名だが、ワンタン麺もなかなか良い。

今回のビジネス講習会のテーマは、個人所得税法改定、2018年に施行された課税軽減政策、移転に関わる手続・税制、増値税輸出還付に影響を与える商流。個人所得税に付いては、1部の内容(基礎控除引上げと税率変更)は、10月1日から既に実施されているが、正式施行は2019年1月1日から。注目されている国外所得源泉課税に対する方針は、実施細則の公布を待たれる状況であったが、意見徴収稿(実施条例と特別付加控除暫定弁法の意見徴収)が公布され、10月20日~11月4日の意見徴収が実施されている。
国外源泉所得に対する扱いに付いては、外国人にも配慮した内容となっており、(最終決定ではないが)意見徴収稿を見る限りにおいては、一安心というところか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です