同級生上海に来る(順興四川料理)

大学時代の同級生が上海に遊びに来た。勤続30年で2週間の休みが取れるので、それを利用して中国旅行に来たらしい。

彼は、大学時代に、「ザ・ガマン」という、今では放送できないような危ないフジテレビの番組で準優勝したのをきっかけにマスコミ関係に進んだ。せんだみつおに似ているのを自慢しており、早稲田のせんだを自称していたが、驚く事に、今でも「せんちゃん」と呼ばれているようだ。驚くべき一貫性だが、自分で名乗り続けているというのが正解だろう。職場・仕事自体は、硬いはずだが・・・

という事で、彼の高校時代からの友人の方と3名で、四川料理を楽しむ。これは、我慢するまでもなく、大変美味しい料理であった。思ったより量が多く、ちと食べすぎ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です