講演会に上海移動(6年基準の変更)

3月20日に、香港から上海に移動。21日の講演会(信金中央金庫主催)のため。
珍しく(過去10年で初めて?)、2週間飛行機に乗っていないので、久々だと、飛行機に乗るのが面倒で、嫌で仕方がない。何事も、慣れだなと思う。
ダイエット中なので、昼食はこの程度。美味しかった。58Kg台をキープしているので、目標まであと一息。

21日のセミナーでは、個人所得税とビザに付いて解説するが、レジュメを作って以降(3月14日に)、非居住者に関する課税ルールが、財政部・税務総局より公布された。これは、口頭で解説しよう。
非居住者課税の根拠となっていた、国税発[2004]97号と国税発[1994]148号が失効し、新しいルールに置き換わる。これは、じっくり研究せねばならない。
また、6年ルール(満183日居住が、満6年継続すると、全世界課税が強制される)に付いては、実施細則通り(途中に、30日超の出国があれば、リセットできる)だが、この6年の起算が2019年1月1日からになり、それ以前の滞在期間は、全てリセットとなった。何やら、徳政令の様な規定だが、外国人納税者にとっては、有難い限り。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です