上海・真木乃で会食

12日(土)は、オフィスで増値税書籍(改訂版)のゲラのチェック。この出版は、12月になりそうだ。
今年は5冊本を出そうと思っていたが、結局3冊に終わりそうで、もう2冊(個人所得税と企業所得税)は、来年に持ち越し。少々残念だが、致し方ない。
作業を終えると、何時もの真木乃に。

この松茸は雲南省産。以前、丸紅昆明事務所が、丸紅香港傘下だった関係で、出張機会も多く雲南省産の松茸はよく食べたが、本当にピンキリ。値段の差は如実に出る。香りのまったくないものから、日本産に迫るくらいのものまである。これは良い松茸だった。数日前に日本で食べた、米国産、カナダ産よりも、かなり良かった。お吸い物が美味しかったので、焼いてもらったのが当たり。

刺身とお吸い物の写真は撮り忘れ。全体的に美味しい。

〆は、寿司、炊き込みご飯などから選べるが、僕は何時も温かい蕎麦にしてもらっている。これが、落ち着く美味さだ。

今回は、380元のお任せに、松茸焼きを加えたもの(刺身を含む3品の写真を撮り忘れてます。この日は刺身がかなり充実していた)。昨今、美味しいけれども、びっくりするような高価格な日本料理屋が増える中で、この値段で、このクオリティを出し続ける姿勢は素晴らしい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です