福岡にて

ブログもなかなか更新が進んでいませんが元気です。というか、ずっと日本で、移動(飛行機搭乗)も宴席も少ないので、普段より元気で健康です。
ただ、この1年間は、米中貿易摩擦を心配し、香港のデモでイラつき、新型肺炎で元気をなくす。という感じの一難去ってまた一難。これだけ矢継ぎ早に問題が起こる経験は、過去30数年の社会人生活で初めてで、げっそりしているのが、ブログの更新が遅れている一番の理由。
新型肺炎騒ぎは、SARSを、渦中の香港で経験しているためか、恐怖はないのですが、生きる気力失われていく感じというのが、正直な気持ちでしょうか。とはいえ、ビジネスマン、経営者は、前向きな気持ちが重要。これなくして、世の荒波には立ち向かっていけません。モチベーション維持に努め、アグレッシブに行けるよう頑張ります。

さて、本題。
もう2週間前の話になるけれど、大阪での講演会後、福岡に異動した。元々、上海のクライアント様2社との旅行が企画されていたのだが、状況を鑑み延期。ただ、僕だけは、既に飛行機が押さえてあったので、予定通り福岡入りする事とした。そうすると、新型肺炎で任地(上海、福建)に戻れない別のクライアント様との会食が決まる。まさに、犬も歩けば棒に当たる感じだ。

新型肺炎の流行が旧正月と重なった事で、帰国している駐在員が任地に戻れなくなった(これを書いている時点では、中国の新規感染が収まっている一方、日本が拡大傾向を見せているので、中国側の入国が難しく、更に、帰任は先の話になるであろう)。
日本にいるのが幸か不幸か、という点に付いては判断は難しいが、ビジネスマンは、仕事ができないのが一番つらい。その焦りと不安を聞きながら酒を飲む。
ご招待頂いた店は、良い店だった。出た料理の一部しか写真を撮らなかったが、全て美味しい。僕の嫌いな煮魚、そして、白子(これは、通常は、食べられないと宣言している)が最後の方で出たのだが、両方美味い。特に、ペースト状にした白子。白子をうまいと感じた、初めての経験であった。

翌日は土曜で休日。
念願の松本清張記念館を訪問しようと、ホテル付近で、うどん(ウェストうどん)を食べて出発する。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です