大阪から名古屋へ(きしめんを見直す)

2020年7月30日に名古屋到着。
車でお送り頂いたクライアント様に招待され、木曽路でしゃぶしゃぶをご馳走になる(写真無し)。
その会社の顧問の方2名、管理部長1名、丸紅時代の上司も同席。丸紅時代の上司(渡邉さん)が、その会社を紹介してれたことから、そのメンバーでの会食となったもの。
木曽路の味は安定しているので、「美味しかったです」の感想で終わってしまうのだが、〆で出てきたきしめんが良かった。実は、子供時代(名古屋に住んでいた時)、何度もきしめんは食べたのだが、その時は、腰が無く旨くないという感想で、最近まで、全く食べなかった。ところが、2年前に、名古屋駅のホームで間違えてきしめんを食べ(追加料金を払えばうどんに替えれるとインターネットに出ていたので入ったが、実は、他のホームの店限定であった)、それが、妙にもっちりしていて旨かった。そして、今回のきしめんは、十分な腰で旨い。
きしめんが変わったのか?はたまた、自分が子供時代に食べていたきしめんが悪かっただけなのか。ともあれ、これからは、きしめんも十分選択肢になり得るな、と分かったのが収穫であった。

そして、翌日横浜へ。ラーメン横丁で喜多方ラーメンを食べ、お土産に、味仙の台湾ラーメンと山本屋本店の味噌煮込みを買う。結局、きしめんは買わなかったのだが・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です