今後の講演会予定と鮨

3月16日に、今年9回名の講演会が終了。この日は、1.5時間の講演会を3人で分担したので、僕が話すのは30分。楽なもんだろうと思っていたが、やはり、終わるとどっぷりと疲れ切った。僕のパートは増値税なので、1994年からの増値税の制度変更の経緯を話したが、経緯が分かると、今の制度矛盾やなどが腑に落ちる面があると評判がよく、ほっとした。
この先、既に、企画が決まっている講演が2件あるが、少し、間が開くので充電できる。そして、過去の講演者の方に、演目のご要望を聞くと、「通関関係」という回答が有った。という事で、「通関・税関管理、加工貿易、保税開発区」このテーマで6時間(2時間x3回)やろうかと決定。これからレジュメづくりに入りますので、暫し、お待ち下さい。
講演会が終了すると、旬林に行く。

前回と、ほぼ同じ注文。鍋は映っていないが(野菜たっぷり)、下の写真は、金目鯛とぶりのしゃぶしゃぶ。大変美味しく満足だ。

趣味として、毎年1本小説を書き上げ、コンテストに応募しようと思っているが、2作を書き上げた。ただいま推敲中。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です