香港(西貢で海鮮料理)

Blogの整備はほぼ完成、ホームページの準備も順調に進む。

今日は仕事が多く、バタバタした一日であった。デスクに戻ると、直ぐに打ち合わせ依頼があるので、業務も進まない。仕事が随分残ってしまったが、夕方6時には会社を出て西貢に行かなくてはならない。会社の公式行事で、海鮮を食べに行く事になっている。

西貢は海鮮で有名だが、僕の生活圏から随分離れた場所にあるので、滅多に行かない。最後に行ったのは4年前だが、地下鉄(MTR)を乗り継いで、更にミニバスに乗ってやっと到着する感じなので、あまりの面倒さに懲りて、行かなくなってしまった。

「少し味が落ちても、近くの鯉魚門にすればいいのに」と考えていたら、今回は小型バスを借り切っている事がわかった。それでも、片道40分かかるが、随分便利である。

7時前には西貢到着。先ずは、生簀で魚を選ぶ。蟹・ロブスター・烏賊・蝦蛄等、お決まりのものを選び、店に移動した。

参加人員25人なので、円卓は2つ。

日本人主体の席と、香港人主体の席に自ずと分かれてしまったが、ともあれ、良沢ともそれなりに盛り上がり、酒も料理も沢山食べた。

人によって好みは分かれるが、僕が気に入ったのは、海胆の炒飯と烏賊の炒め。

烏賊の炒めは鮮度も良く絶品。

ロブスター、蟹等の高級素材は、大味で今ひとつ・・・

総じて、料理には満足。酒も皆な楽しく飲んでいた。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です