スプーンを曲げる滝沢さん

先週、一瞬、ブログが実際の日付にキャッチアップしそうになったのであるが、またもや間が空いてしまった。
いかんいかん。
という訳で、この内容は先週水曜日(25日)のもの。

客先訪問が終わりぐったりしたので、同僚の滝沢さんと「新天地で生ビールでも飲むか」という事になった。
客先が新天地から歩ける距離だったもので。

しばし酒を飲んでいると、彼女が「私はスプーンが曲げられます」という。

小学生がよくやったユリゲラーの真似かと思ったら(あの当時は、給食のおばさんが、大変な迷惑をこうむったものだ)、実際に曲がる。

大き目のスプーンをなでると、本当にまがる。

「うそ~」と言って、かなり太くて硬いフォークを渡すと、これも指でなでて曲げてしまう。
因みに、この写真のフォークは、曲がったあと、僕、隣の男性が試したが、固くて両手でも元に戻せなかった。

これは凄い。

聞いてみると、なでていると、暫くして体温より温かくなってくるので、そうなると曲がるんだとの事。

僕も試してみたが、10分なでても何も変化が起きず。
不思議な才能があるものだ。

暫く前に、香港のTVで見ていたら、ユリゲラーが出てきていて、どうやら大金持ちになっているらしい。
油田発見のサポートをして儲けたらしいが(英語放送なので、間違ってるかもしれません)、彼女もこんな事ができないものか。

そうすれば、一攫千金も夢ではないが・・・

それができないと、単なる宴会芸になっちゃうからなぁ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です