丸紅経理の送別会(懐かしい仲間と飲み!)

(日付は18日にしてありますが、実際は17日の夜の出来事です)

講演会⇒懇親会と終わらせると、東海道線にのって東京駅へ。
八重洲の居酒屋で、丸紅経理時代の仲間が送別会を開いてくれた。

10月の出張の時に、他の人が第一次送別会を開いてくれたので、これが第二次。
11年以上前に一緒に仕事をした人たちが集まってくれたので有難い。

監事をしてくれた佐藤君(元北京駐在)の、「予約名は、丸紅の水野にしておきました!」という、ウェットな感覚が嬉しい。


海外経理時代の集まりなので、「米国の移転価格税制の文書化が義務付けられた時の話」や、PE課税の話や、海外出張所に対する経費送金の話が(ちょっとだけ)出たりで、マニアックながらも懐かしい。

あの頃は、僕は米国の移転価格の担当で、文書化のためのデータ作りを、毎日深夜までしていたものだ。
基礎計数作りが大変だったので、千本ノックの様な単純作業の連続。
上司の人に「今日は力付きました。申し訳ありませんが帰ります」というメモを置いて帰った事もあったなぁ。

そんな感じで作った、Profit Splitのデータは結局使われなかった様な記憶が・・・

あと、話題の大半を占めたのが、松戸(馬橋)社宅ネタ。
七輪という店で、にんにくホイル焼きを食べたとか、男3人でカラオケボックスに行って「アジアの純真」を歌ったとか、誰も入った事がなさそうな「旅のらくだ」というバーに恐る恐る入ってみたとか、そんな話題で盛り上がる。

居酒屋ながら、日本というのは食事の美味しいところで、鍋物を満足して食べた。

が、良くなかったのは、生搾りグレープフルーツハイ。
名前にひかれて頼んでみると、全然生搾りでない(果肉のかけらも見られない)。

くそーっと思って、坪田君にそれを持たせて記念撮影。

因みに、坪田君は、僕が海外経理時代に、新入社員で入ってきた。

影のうわさで、「おじさんになった、おじさんになった」と聞いていたので、楽しみにしていたのだが、さほど変わっていなくて期待外れだ。

ともあれ、懐かしい飲み会でした!

「丸紅経理の送別会(懐かしい仲間と飲み!)」への2件のフィードバック

  1. 丸紅社宅って、戦国時代に三日月馬橋城があったところですよね⁉️ みこぜうまはし城と言ったらしいですが、マバシではなかったんですね‼️ そういえば都内の杉並区か中野区か忘れたけど、馬橋マバシって地名ありますよねぇ^_^

    1. ずいぶん懐かしい記事にコメント頂きました。もう11年前ですね。懐かしいです。
      丸紅社宅は馬橋駅でした。過去の名前はさておき(知見ない)、駅の呼び名は、まばし駅です。住所は、みこぜでしたね。3年ほど住んだので懐かしい場所です。近所のボクシングジムに通ったり、商店街の和菓子屋や、シノーという美味しいケーキ屋が有ったりと、思い出深いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です