八吉で用語集校正終了打ち上げ

子持ち昆布の串あげと牛刺し。

用語集を年内に出版する予定。
元々単語、公式、資料という構成であったのだが、素直に製本すると700ページくらいになってしまい、製本コストがかかる。
高額にせざるを得ないし、本屋に並べにくい、という出版社の意見もあり、資料編は割愛せざるをえなくなった。
そして、レイアウト変更で300ページ程度に収め、4千円台の値付けという事になりそうだ。
そんな訳で、最後の校正作業。
斎藤さんに自宅まで来てもらい、全項目に目を通し、修正すべき部分を修正した。

しかし今週は忙しかった。
香港滞在週(広州日帰りが1日)であったが、毎日締め切りに追われ、仕事が終わるのは(月曜日を除き)深夜の1~2時。
先週土曜から今週金曜までの7日間で、外食は2回だけ。
あとは、亀一と合宿をしている時に食べた様な、冷凍食品とレンジのご飯。
3~4時間睡眠が数日間続いていたので、さすがに頭がモーローとしてきた。

そんな状態ながら、用語集最終校正完了祝い!という事で、(斎藤さんが魚好きなので)八吉で打ち上げをする事となった。
コースがお得な様なので、HK$ 480/人のコースを頼む。

名物の子持ち昆布の串あげと、牛刺し。
これはなかなか美味しい。
揚げる事で、子持ち昆布が柔らかくなり、不思議なプチプチ感になる。
牛刺しは、なかなか鮮度が良く美味しい。

のどぐろ塩焼きとひつまぶし二人前

これは、のどぐろの塩焼きとひつまぶし。
美味しいのどぐろで、きれいに食べる。
ひつまぶしは、鰻が固かったのがいまいち。

それに、刺身の盛り合わせとソフトシェルクラブの空揚げが出てきた。
本当はフグの空揚げだったのが、なくなったという事で、自動的にソフトシェルクラブになってしまった。
コースの選択にあたって、フグの空揚げは、結構重要な要素だったので、これはちょっと悲しかったね。

という事で、満足したものと、ちょっと残念なものに分かれてしまったけれど、総じて言えば、満足できた。

NAC名南の斎藤さん

会食の開始が早くて18時。
21時まで3時間いろいろ話しながら会食したが、20時半を過ぎると、連日の睡眠不足がたたり、眠くて仕方がなくなってきた。
斎藤さんは深圳に帰るし、食事をしたら解散。
足マッサージをして帰ろうかと思ったが、歩いているうちに、目が開かなくなってしまったので、そのまま帰宅し、22時過ぎには倒れ込むようにして寝てしまった。

二人併せて、生ビール3杯に、日本酒5合。
それでこれだけ眠たいのは、やはり睡眠不足の反動だろう。
この生活も、11月下旬でひと段落つく予定。
もうひと頑張りだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です