2年越しの希望がかなった

丸紅元社長の辻さんと

丸紅元社長の辻相談役と会食した。
僕が辻相談役と丸紅時代に会ったのは、2回だけ。
両方、香港駐在の時で、丸紅社長時代に一度、会長時代に一度、駐在員全体で会食をさせて頂いた。
かねてより、社外だけでなく、社内の若手にも気遣いをされる方、という評判を聞いていたので(大企業の社長の中では、ある意味異色)、変なプレッシャーは無かったが、何故か最初にお会いした時(社長時代)は、緊張で足が震えた。
後にも先にも、丸紅社内の人(歴代社長を含め)と会って、足が震えたのはこの時だけだ。
当たりが大変ソフトで礼儀正しい方であるが、これが大企業のトップの威厳というものか、というのが、当時の僕の正直な感想。

1999年に社長就任。過去の負の遺産で丸紅が経営危機に陥る中、一大再建プランを実行し、数年で会社を立て直すと、さっと後任に社長の座をゆずってしまった。
その潔さにヒロイズムを感じたが、「一番辛い時に社長を務め、これから良い思いができる時に何故」、という印象が強く残っていた。
そんなこんなで、丸紅の中では一番印象に残っていた方と言ってもよく、退社後、辻さんには挨拶したいという気持ちをずっと持っていた。
それが、ひょんな事から辻さんの方から声をかけてもらい、一緒に仕事ができただけでなく、食事も招待頂いた。
そして、社長時代の話、社長の座を譲った時の考え方など、聞きたかった話が色々聞けた。

焼フグ

会食の場所は本郷の「ととや」。
ここは、焼きフグが名物の模様。
たいそう念入りな焼きフグだ。
量もたっぷり。

炭火焼きで、じっくり焼くと、フグが良い感じで焼き上がる。
これは素敵な食べ心地。

いくら乗せのおじや、うに乗せとろろ、そしてフグのひれ酒

そして、つまみに、とろろを頂くが、ウニが添えてある。
おじやはいくら添え。
芸が細かい。
そんな感じで、フグをたくさん食べて、ひれ酒を飲む。

食事も美味しかったし、経営の話を含め、色々な話を聞かせて頂いた。
2年間越しの希望がかなった、嬉しい日であった。
ありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です