P/Eに限定した本を書こう

最後の本を出版したのが今年2月。
昨年11月~今年2月にかけて、毎月1冊4か月連続出版をしたし、今年6月から日経テレコンに水野コンサルティング(及び子会社のチェイスチャイナ)のコンテンツ納入を開始したので、その準備で昨年年末から今年早々はすさまじい忙しさだった。
その反動で、最近まで、まったく本を書く気力がおきなかったのだが、やっと、テーマが決まり、執筆をはじめた。

中国の恒久的施設(PE)認定と課税の理論と実務に特化した1冊だ。
これはニッチだ。
加工貿易、保税開発区と、ニッチな分野に限定した本を書いてきたが、今度の本はそれ以上にニッチだ。
さすがに、今回の本はどの程度売れるかわからない。
ただ、欲しい人にとっては、求められる本であろう。
という事で、(あまり部数がでなさそうなので)出版社に敬遠される危険性を考慮して、チェイスチャイナから出版してみようと思いたった。

チェイスチャイナに執筆頂いているライターの方も20数名となった。
まだまだ増やしていくつもりだ。
色々な層の執筆者がいるが、若手は本が出したいだろうから、その機会を作りたい。
そんな事を考えて、チェイスから書籍を出版したいと考えていたのだが、まずは僕の本を出して、道筋を付けようという計画だ。

そんなこんなで、再びやる気が出てきた今日この頃。

尚、現在決まっている年内の講演会は以下の通り。
近日、詳細を告知します。

10月26日(水)大連 日本経済新聞社主催
11月10日(木)東京 フジサンケイビジネスアイ主催(SDI森辺社長と共同講演)
11月14日(月)東京 みずほ総研主催
11月30日(水)東京 日本経済新聞社主催
12月2日 (金)東京 チェイスチャイナ主催(金杜弁護士事務所・劉新宇弁護士と共同)
12月19日(月)東京 チェイスチャイナ主催(NERA鈴木代表会計士と共同)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です