出版事業の開始

中国のPEに関する本は、全体で7部構成(及び資料)であるが、第6部まで書き上げた。
第7部は日中租税条約と香港と中国本土の租税協定の、PE関連該当条項の違いの解説で、比較的短いので、その気になれば1日で書ける。
という事で、完成が見えてきた。
第1部 中国におけるPE課税
第2部 PE認定の影響とみなし課税方式適用
第3部 出張者(技術指導・経営指導)の派遣とPE認定の関係
第4部 機器販売+据付役務方式に関するPE認定と課税範囲
第5部 出向者の派遣によるPE認定
第6部 非居住者在庫オペレーションとPE認定の可能性
第7部 香港と中国本土の租税協定の注意点

とは言え、これから校正があり、資料準備があり、デザイン、製本作業がある。
更に、今回は、子会社のチェイスチャイナ最初の出版事業となるため、出版コード取得、流通経路の確定、その他の作業が待っているので、5~6月の出版になるのではないかと思う。
ただ、今まで一緒に仕事をしてきた会社(出版社、その他の提携先)の協力が得られそうなので、日本の書店、インターネット販売、香港・上海の書店に並べる事ができそうだ。

講演、出版、連載、TV等の活動を始めて11年。
色々な会社、機構が盛り立ててくれたので、順調に活動が続けられており、これは、今後も変わりなく継続していきたいと思っている。
ただ、その一方で、他社に頼まないと、講演、出版、情報配信ができない事に、フラストレーションがたまる事があり、自分の情報発信ツールがほしかった。
それが、情報配信会社であるチェイスを作った理由であり、その活動を、定期的な講演会主催、出版事業開拓と広げてきた。
10年間、ずっと思い続けたことが、徐々に形になっているのは嬉しい。
出版事業の開始は、僕の本からであるが、今後、チェイスの執筆陣の本を出していきたい。

チェイスが出す予定の本は、売れ筋の本ではない。
たとえ1,000冊しか売れなくても、求める人がいる本、地に足がついた本である。
出版事業に関しては、地道な活動を続けて、存在感を出していきたい。
まだ、最初の本も出ていないので、能書きはこの程度にして、作品の早期実現に努めよう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です