久々の竹園で海鮮料理

上がシャコのガーリック炒め。下がチーズロブスタ―。

台湾研修生時代の知人(23年ぶりの再会)が香港出張に来られたので、会食を兼ねたミーティング。
夜上海にしようか、ホテルの中華にしようかと迷ったのであるが、「同世代の男三人だし、まあいいか」と考えて、竹園にする。

竹園は、1997年に僕が香港に赴任した時の歓迎会を開いてもらったところ。
巨大シャコのガーリック炒め、貝のガーリック蒸しなど、これでもか!とニンニクが使われているので驚いた記憶がある。
すっかり慣れてしまったが。

下町っぽくがやがやした雰囲気だし、ちょっと観光客目当ての感があるが、料理は外れがなく美味しい。
店員さんも日本語ができるし、非常に便利な店。
店員さんの誘導に任せると、毎回同じメニューになってしまうが。

今回も頼んだのは定番メニュー。
蒸し海老、シャコのガーリック炒め、ホタテ貝のガーリック蒸し、蒸し魚(ガルーパ)、チーズロブスター。
チーズロブスタ―のソースをフランスパンに絡めて食べるのが大変おいしい。
手堅く満足できる店だ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です