疲れた時に見る夢

仕事で肉体的、精神的なプレッシャーを受けている時(仕事で極度に疲れている時)、必ず見る夢がある。「試験の数日前になって、授業にもまったく出ていないし、試験範囲も分からない科目があり、どうしよう」と頭を抱えている夢だ。
大学時代、出席を取らず、優を取りやすい教授の科目ばかり選んでいたので、優の数は比較的多かったが、合気道ばかりやっていて、殆ど授業にでなかった。
当然、心の中に、後ろめたさと、若干の恐怖感を抱えていたので(それなら出席しろ、と言われそうだが)、それが、深層心理に入り込んでしまっているようで、20数年経った今でもまだ夢に見る。

そんな訳で、この夢を見たら、自分が疲れているという一種のサイン。
それを、久々に見た。
7月24、31、8月2日、22、28日と講演会(全部テーマが違う)が続くので、それも要因の一つとなっているのであろう。

ちょっと、1日早めに寝る日を作ろうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です