鍋が美味い

香港から移動したので、日本が一層寒く感じる。
体が鍋を求めてやまない。
水曜日の宴席では、焼き鳥屋を選定したが、鍋が有ったので、先ず鍋を食べる事に。
赤味噌味の鶏鍋という、如何にも名古屋っぽいメニューを頼んだが、八丁味噌ではなかったのが少々残念。
ただ、鍋はおいしかった。

今年に入って、講演会に加え、クライアント企業様の訪問、クライアント企業様限定の無料ミニ定期講習会などを企画し、情報提供の頻度・内容も充実させる様、努力している。
これは、この様な環境でも、ビジネス上の影響がほとんどない事から、改めてクライアント企業様に対する感謝の気持ちを形にしたい(すべきだ)と考えてのもの。
こういう時こそ、同一価格でサービスの質を上げるべきだと思う。
また、クライアント様以外でも、なるべくたくさんの方々と話をする機会を持とうとしている。
体はきついが、僕が動くと、安心感からか、部下が明るく、前向きになってくるのが分かる。
やはり、上がまず動かないとだめだという事を、改めて認識させられた。
会社は発展途上。
まだ、のんびりできる身分ではない。
いま自分が置かれた環境に、やりがいを感じで、走れるところまで走ろう。

これはたまごの油揚げ包み焼き。
素材としては、如何にも僕好みのものだが、期待が大きかっただけに、インパクトはいまいち。
たまごがもう少し固い方が良かったかな。
鍋に日本酒を堪能した一夜であった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です