人生孤独感と限界感との戦いだ

昨日の記事に関連した話だが・・・

コンサルティング、執筆、メディアでの発信等を行い10数年が経過した。
これにより、知名度やネットワークは10数年前よりも確実に向上した筈だが、ここ数年間、孤独感・限界感を感じる事が多くなっている。
孤独感に付いては、原因が分からない不安で困ったものである。
限界感というのは、10数年間で、色々な事にチャレンジした過程において、自分に何ができる。何ができない。という点が分かるようになってきたからとも言えるのであるが、自分で壁を作ってしまっている点が多分にあるのかもしれない。
10数年前にコンサルティングを始めた時は、会社員の立場以外は、何も失うものはなかったが、頑張れば、何でもできる様に感じていた。
それが、徐々に、現実的になってきている気がするが、これは、自分の意識が作り上げた壁の中の現実なのかもしれない。

昨日の記事で紹介した若者たちの活動に感動したのは、社会的地位や発言力が無くても、自分たちにできる事から始めようと、限界を恐れずに走り出した姿勢である。
事を始めれば、反対もあるし、揶揄や批判をする人間も出てくる。
それでも、走り出す純粋な気持ちが、ニュースを読んだ時にまぶしく感じたし、却って彼らから教えられた(忘れていたものを気付かされた)気がした。

年齢的にも、モチベーションを持って走り続ける事が、少しずつ難しくなってきている。
これは、年齢と共に、社会的な立場を身に着けて来た事の裏返しかもしれない。
ただ、この程度で限界を感じてはいけないのも確か。
それを強く自分自身に言い聞かせた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です