広州・焼き魚定食に泣く

上はオフィスの有る中信広場のビル。下は今日の昼食(水野広州の社員との会食)

昨日の夜に広州入り。
今日は朝10時からJETROで面談1件。
そのあと、社内打合せと社員との会食。
それが終わると電車に飛び乗り香港移動と慌ただしいスケジュール。
気温は27度とさほどではなかったが、小雨が降る天気で不快指数は極めて高い。
スーツがぐしょぐしょ。

総経理の麦さんから、何が食べたいかと聞かれたので、「洋食続きで胃が悲鳴を上げているので、日本食にしてほしい」とお願い。近所の日本食屋に行ってみる。品数多い。
麻婆豆腐定食と海老の卵炒め定食に惹かれたが、これでは和食を選んだ意味がないと思い、さんま定食に決定。
6人中、鯖の塩焼き定食3人、牛肉炒め定食2人、さんま定食1名。
牛肉炒めはすぐ来たが、魚を焼くのは時間がかかる様で、それから30分近く待たされる。
鯖が3人分焼けるのにタイムラグが有り、ご飯、味噌汁、おしんこ数枚だけが先に来た。
先月入社した田口さんが、(鯖が出てくるのに時間がかかり)ご飯とみそ汁だけを食べている姿が、そこはかとなくあはれを誘うようで、取りあえず写真に写してみる。

40分後には全員の食事がそろったが、他におかずがなく魚だけ食べるのは物悲しい。
日替わり弁当(同じ値段でおかず3品)にすべきだったと、後悔しながら香港移動。
電車内では、加工貿易関連の制度変更の法律(税関総署令[2014]219号、その他)を読み込み、制度変更の内容を確認。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です