上海大廈でコーヒーを飲みながら

昨日の便で上海から香港に到着。
明日は、広州で日中投資促進機構の華南投資環境調査報告会の総括コメントを担当する事となったので(5分程度ながら)、朝便で広州へ移動する。翌日は深圳で会議が入っているので広州一泊。
昨晩、冷房を入れて寝たら若干風邪をひいたため、少々辛い。今日は早く寝て体調回復に努めよう。

話変わって上海。
体重を3Kgほど減らそうと思い、朝・昼はジュールだけにする事に。オフィスの対面にある果実ジュース店が役にたつ。
ジュース
使える店だが、日本語の翻訳はかなり適当。オレンジマンゴの翻訳がマンゴジュース。マンゴパインが、マンゴーマンゴーとなっているのは、翻訳した人間が、わざと間違えてるのではないかと思いたくなるような誤訳だ。
ジュースメニュー

今回の上海滞在は、静安寺、茂名南路、外灘の方を訪問する機会が有った。
外灘で面談が有った後、若干時間にゆとりが有ったので、しばし散歩する。
これはブロードウェイマンション(上海大廈)。ここを舞台にした「ジャスミン(辻原登)」という小説を、数年前に夢中になって読んだことがある。そのため、いつかはここに宿泊してみたいと思っているが(そう思っているうちに8年が経過してしまった)、取りあえずは、1階の喫茶でカフェラテを頼む。
上海マンション
カフェラテ1杯80元(1,600円ほど)。安くはないが、ほっとする雰囲気。
上海マンションカフェ

外に出ると、浦江ホテルを眺める。昔の名門ホテルで、チャップリンも泊まったホテルだが、バックパッカーの定宿になってしまっていた時期が有る。僕がバックパックを担いで初めて中国を旅行した1985年頃はまさにそんな時期。ただ、当時は宿泊しようとしたが満室で泊まれなかった。ドミトリーなので、満室、というよりは、ベッド不足、という言い方の方が正しいか。
プジャンホテル
今では、素敵なホテルに戻っている。
プジャンロビー

ガーデンブリッジから浦東を見る。
橋の途中から
そして外灘を歩く。
外灘
歴史を感じ、思う事多々ある短い散歩であった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です